NEW

発売、海外馬券の参考に! ヌーヴォレコルト出走、米BCフィリー&メアターフの有力馬プロフィール

amerikakeiba0314.jpg北米競馬(Sayethさんより)

 今年はサンタアニタパーク競馬場で行われるブリーダーズカップ(11月5日)。ヌーヴォレコルトが出走することもあり、海外馬券が売り出される。

 BCフィリー&メアターフは芝2000mで行われるが、非常にトリッキーなコースで知られている。

 東京競馬場のようにコースから外れた引込線があり、そこからスタートを切る。そしてダートコースを一度横切りながら芝コースを1周する。芝コースは1周約1400m、直線約270m。イメージは大井競馬場の内回りコースだ。直線が短い小回りコースのため、後方から追い込むというのは楽ではない。

 サンタアニタは高速決着も多く、コースレコードは1:57.2が出ているが、BCフィリー&メアターフに関してはそこまで猛時計になることは少ない。過去サンタアニタで行われたケースでは2013年の1:58.73が最も高速決着であり、平均すると1:59.7位になる。

 欧州馬が英チャンピオンズデーとの兼ね合いもあり確定ではないが、出走すれば上位人気が予想される馬をピックアップした。オッズは現在のブックメーカー各社のおよその値を採用した。

ソーミダー(3歳・英国・4倍)

 名牝ダーレミの仔として期待通りの強さを見せ、デビューから3連勝。そこには英ダービーの前哨戦であるムシドラS(G3)を牡馬交えての勝利も含まれる。

 春の活躍を期待されたものの、怪我でクラシックの出走は叶わなかったが秋の復帰戦は完勝。しかし前走のオペラ賞では圧倒的1番人気もスローペースに泣かされて3着となっている。

 怪我があったとはいえ秋3戦目。余力はあるだろう。前走も前が止まらなかっただけなので、欧州よりは流れるアメリカなら勝機十分と言える。

レディイーライ(4歳・アメリカ・4.5倍)

 2014年アメリカ芝の2歳チャンピオンであり、デビューから6連勝を決めたアメリカ芝のエース。昨年のベルモントオークスを勝利後に蹄葉炎を発症し、そこから1年以上休養に入った。

 今年は前々走のボールストンスパ(G1)で復帰戦を3着。前走はフラワーボール招待S(G1)を勝利した。昨年のいい頃に比べてしまうと少し物足りないものの、連勝を続けた差し脚は確実。有力馬の1頭だ。

発売、海外馬券の参考に! ヌーヴォレコルト出走、米BCフィリー&メアターフの有力馬プロフィールのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?