NEW

秋華賞勝利、2週間で「地獄から天国」の福永祐一騎手が完全復活! あまりに上機嫌で有村架純を「ホメ殺し」も、妻への配慮忘れず?

【この記事のキーワード】, ,
fukunagayuuichi0223.jpg福永祐一騎手(Cake6より)

16日の秋華賞(G1)を3番人気のヴィブロス(牝3 栗東・友道厩舎)で制した福永祐一騎手。隊列の真ん中から外に出し、この馬のキレ味を引き出して粘る2着馬を差し切った騎乗はまさに「完璧」と言えるものだった。

 福永騎手は「今日はきっちり馬の力を出し切れて良かった」と笑顔で語っているように、まさに会心の騎乗でのG1勝利。これで福永騎手は春のヴィクトリアマイル以外の「牝馬限定G1」をすべて勝利したこととなり、完全制覇に王手をかけた。

 福永騎手としても、期待馬であるヴィブロスで臨んだ秋華賞には期する思いがあったはずだ。2日のスプリンターズS(G1)で圧倒的1番人気に推されたビッグアーサーを惨敗させてしまった際、「最低の騎乗、申し訳ない」と本人のショックは相当なものだった。慣れない関東遠征や勝負どころで躓くなどアクシデントもあったが、当人は大きな責任を感じていたようである。妻である松尾翠がブログでこのレース匂わすような悩みの文面を出していたほどであった。

 そんな中での非の打ち所のない完璧なレース運びでの勝利。今回のレースで福永騎手も完全に「吹っ切れた」と考えていいだろう。

 そして、よほど上機嫌だったのか、同レースの表彰式に登場した「あの女優」にも絶賛の嵐だった。

秋華賞勝利、2週間で「地獄から天国」の福永祐一騎手が完全復活! あまりに上機嫌で有村架純を「ホメ殺し」も、妻への配慮忘れず?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?