NEW

凱旋門賞敗戦のマカヒキ「年内休養発表」にガッカリの声も……最大の心配は「同じ道筋」を辿るアノ馬の二の舞?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の凱旋門賞(仏G1)で14着に敗れたマカヒキ(牡3 栗東・友道厩舎)が、年内休養することが分かった。今後は2月の京都記念から始動し、その後G1に昇格する大阪杯かドバイ遠征に向かうとのこと。

 陣営は凱旋門賞のレース自体でのダメージはないとしながらも、輸送を含む「様々な疲れ」を理由に休養を発表している。来年までマカヒキの姿をファンが目にすることはないようだ。

 無論、3歳での海外遠征が負担の小さいものではなく、休養というのは無難な選択なのかもしれない。その一方、やはり一抹の寂しさを禁じ得ない部分もある。

「マカヒキは3歳世代のダービー馬ですし、世代を代表する存在として今後のジャパンカップや有馬記念に出走し古馬と激突してほしかったという声はやはり多いですね。レース自体のダメージがないことから『だったらどちらか出走してほしい』という声が出るのも自然なことではあります。実際、2012年、2013年にオルフェーヴルが凱旋門賞挑戦をした際は、その後それぞれジャパンカップ、有馬記念に出走しています。もちろん古馬という部分はありますが、3歳を象徴する存在がいない頂上決戦は残念ですね」(記者)

 歴戦の古馬と3歳クラシックホースの激突というのは、競馬における醍醐味の一つ。今年は特にハイレベルと言われているだけに、キタサンブラックやゴールドアクターとマカヒキがぶつかる瞬間を早く見たかったファンも多かったことだろう。しかし、それは叶わぬ願いとなった。

 また、マカヒキのこの動向が「あの馬」と似ているという意見もある。

凱旋門賞敗戦のマカヒキ「年内休養発表」にガッカリの声も……最大の心配は「同じ道筋」を辿るアノ馬の二の舞?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!