NEW

現役パチンコ店店長が「ホンネ」を告白。パチンコ業界を支配する「新システム」を真っ向否定!? 大事なのは一発で分かる「ドル箱の山」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkohitobito.jpg

 パチンコ店と聞いて「うるさい」「空気が悪い」「怖い」といった印象を抱く方もいるだろう。ただ、現在のパチンコ店に対する印象は徐々に変わってきている。「空気清浄機の導入」「携帯の充電」「マンガ読み放題」「マッサージチェアの設置」といったように無料サービスは充実。清潔感の溢れる店も多く、若い女性客の来店も増えるなど一昔前とは全く異なる空間となっているのだ。

 そんな現代のパチンコ店を語る上で欠かせない、好反響を得ている存在が、台一台ずつで出玉の計測を行い、玉数の管理する『各台計数システム』であろう。

 今回はパチンコに関しての話に限定させて頂くが、『各台計数システム』の誕生により「遊びやすさ」が飛躍的に高まった事は間違いないのだ。

 まず、出玉の管理が圧倒的に楽になった。大当り後は玉を流せばモニターに玉数が表示される為、1回の当たりで「何玉得られたのか」を正確に把握する事が可能。同時に現時点で保持している玉数も、瞬時に確認する事ができる。

 更に、出玉を保有している際の台移動も劇的に変わった。これまでのようにドル箱を持っての移動は不要。カード1枚で簡単に移動する事ができる為、店員を呼ぶ必要もなくスムーズ且つ効率的に立ち回れるようになった。

 その他にも「手が汚れない」「玉が箱から溢れるストレスがない」など、ユーザーにとっての利点は大きく『各台計数システム』は好反響を呼んでいる。

 店側にとっても、労働環境や人件費などを改善する”画期的なシステム”と表現できる訳だが……パチンコ店側には『各台計数システム』の導入に対し「メリットだけではない」という考えを持っている人間もいるようだ。

 取材させて頂いたのは業界歴20年。某パチンコ店で主任・副店長職を経て、現在は店長を務める『Y氏』。

 今回は『Y氏』より話を要約した形でご紹介させて頂きたい。

Y氏:「確かに『各台計数システム』の導入により、様々な経費の削減が可能ですね。箱積み・運びがなくなった点も利点でしょう。過去には腰痛に悩まされるスタッフがいた事もありましたから。

現役パチンコ店店長が「ホンネ」を告白。パチンコ業界を支配する「新システム」を真っ向否定!? 大事なのは一発で分かる「ドル箱の山」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!