NEW

「ノーザンファームの横綱」トゥザクラウンの今週デビューは超激戦!良血揃いの2016年度版「伝説の新馬戦」は、来春のクラシックを占う一戦になる!?

【この記事のキーワード】, ,
keiba0224xs.jpg

 昨日、プロ野球のドラフト会議が行なわれたが、今週末には今年の2歳馬の「ドラ1」がデビューを迎えるようだ。

 ドバイワールドカップ(G1)で2着した世界的名牝トゥザヴィクトリーの「最高傑作」と呼び声の高いトゥザクラウン(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)が、菊花賞(G1)が行なわれる23日の京都競馬場でついにデビューの時を迎える。

 今年の日本ダービー(G1)を勝ったマカヒキ、2着サトノダイヤモンド。さらにはオークス(G1)を勝ったシンハライト、2着チェッキーノ、3着ビッシュ……春のクラシックを賑わせた、これらすべてはノーザンファームの生産馬だ。

 今の日本競馬で最も大きな成功を収めている社台グループの中でも、その頂点となるノーザンファーム。毎年のように「クラシックの本命」を送り出している世界最高峰の育成牧場で「今年の横綱」と評されていたのが、このトゥザクラウンだ。

 その評判は早くから「超一級品」とウワサされ、数多くのPOGで文句なしの”ドラ1″評価。数多くの競馬ファンから熱視線を浴びてのデビューとなるが、来春クラシックの本命候補に早くも試練が訪れそうだ。

 今から8年前の菊花賞当日。やはり同じ京都の5Rの新馬戦に、幸か不幸か4頭の「G1級」が集結してしまった。

 顔を合わせたのは、翌年の皐月賞馬アンライバルドと菊花賞馬のスリーロールス、さらには日本ダービーで2着することになるリーチザクラウン。そしてトドメが、後の6冠牝馬ブエナビスタである。

「ノーザンファームの横綱」トゥザクラウンの今週デビューは超激戦!良血揃いの2016年度版「伝説の新馬戦」は、来春のクラシックを占う一戦になる!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  5. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  6. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  9. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  10. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?