NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(15) 黒猫が運んできてくれた「北斗万枚初達成」の甘い記憶。

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ashino.jpg

 筆者の家の近所にはオープンしたばかりのWというホールがあった。金属工場や造船機器のメーカーが立ち並ぶ川沿いの一角である。

 九州ではそれなりに名の知れたチェーン店であるWは、グランドオープンからしばらくはパチンコを中心にモリモリと地域のお客に出玉を還元していた。すでにインターネット上には地域のパチンコ店情報をやりとりする情報サイトも出来ている時代である。Wが超バカ釘の赤字戦略に出ている事は筆者も知っていたし、筆者が知っているくらいだから、筆者よりももっとパチンコやパチスロに真面目に取り組んでいた当時のS市のギャンブラー達にとっては100も承知の事実だった。

 実際に筆者は2003年末の収支は大きな黒字だった。すべてWのお陰である。NETの「スーパーブラックジャック」で6をツモったり。あるいは平和の「ドロンジョにおまかせ」でツモったり。なんやかんやでかなり浮いていた。学費を稼ぐ! という名目で大学を休学してアルバイトに勤しむ苦学生気取りのスロッターにとっては、本当に有り難い話だった。

 出玉と大当たりのユートピア。神が作り給うた爆裂のエデン。Wさえあれば筆者の人生はそれでOKなのではないかと、そんなまやかしすら信じてしまいそうになるほど、初期のWは優良店であったのだ。

 2004年お正月の話である。

 地域住民に夢と希望を振りまくティンカー・ベルであったWが、突如鬼と化した。激甘期間が終了し、通常営業になったのである。

 しかもお正月だ。連休である。撒き餌に飼い太らされ、野生を失った地域住民は、根こそぎボコボコにやられていた。筆者も例外ではない。2004年の正月は吐くほど負けた。アレだけ優しかったリオちゃんが。あるいはドロンジョが。筆者の姿を見るなりフルスイングでケツバットしてきた。蓄財が。貯金が。みるみる溶けた。

ぼくらはあの頃、アツかった(15) 黒猫が運んできてくれた「北斗万枚初達成」の甘い記憶。のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!