NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(15) 黒猫が運んできてくれた「北斗万枚初達成」の甘い記憶。

【この記事のキーワード】, ,
ashino.jpg

 筆者の家の近所にはオープンしたばかりのWというホールがあった。金属工場や造船機器のメーカーが立ち並ぶ川沿いの一角である。

 九州ではそれなりに名の知れたチェーン店であるWは、グランドオープンからしばらくはパチンコを中心にモリモリと地域のお客に出玉を還元していた。すでにインターネット上には地域のパチンコ店情報をやりとりする情報サイトも出来ている時代である。Wが超バカ釘の赤字戦略に出ている事は筆者も知っていたし、筆者が知っているくらいだから、筆者よりももっとパチンコやパチスロに真面目に取り組んでいた当時のS市のギャンブラー達にとっては100も承知の事実だった。

 実際に筆者は2003年末の収支は大きな黒字だった。すべてWのお陰である。NETの「スーパーブラックジャック」で6をツモったり。あるいは平和の「ドロンジョにおまかせ」でツモったり。なんやかんやでかなり浮いていた。学費を稼ぐ! という名目で大学を休学してアルバイトに勤しむ苦学生気取りのスロッターにとっては、本当に有り難い話だった。

 出玉と大当たりのユートピア。神が作り給うた爆裂のエデン。Wさえあれば筆者の人生はそれでOKなのではないかと、そんなまやかしすら信じてしまいそうになるほど、初期のWは優良店であったのだ。

 2004年お正月の話である。

 地域住民に夢と希望を振りまくティンカー・ベルであったWが、突如鬼と化した。激甘期間が終了し、通常営業になったのである。

 しかもお正月だ。連休である。撒き餌に飼い太らされ、野生を失った地域住民は、根こそぎボコボコにやられていた。筆者も例外ではない。2004年の正月は吐くほど負けた。アレだけ優しかったリオちゃんが。あるいはドロンジョが。筆者の姿を見るなりフルスイングでケツバットしてきた。蓄財が。貯金が。みるみる溶けた。

ぼくらはあの頃、アツかった(15) 黒猫が運んできてくれた「北斗万枚初達成」の甘い記憶。のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  8. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」