NEW

距離不安に早熟説、さらに外枠とエアスピネルが「キャリア最大の逆風」でも諦めない武豊騎手!「野心を持って臨む」競馬界のカリスマは奇跡を起こせるか

【この記事のキーワード】, ,

 距離不安に、早熟説、さらには不利な外枠……仮に、それらすべてを跳ね返して本来の走りをできたとしても、春のクラシックで文字通りの「完敗」を喫した馬が、サトノダイヤモンドやディーマジェスティに勝てるのか。

 人気はすでに、他の伏兵陣と同列の立場にいるエアスピネル。いや、まだ金曜夜の段階なので、最終的には日本ダービー時の7番人気さえ下回ってしまうかもしれない。

 しかし、こんな状況でも何一つ諦めていない男がいる。競馬界のカリスマ武豊騎手だ。

 武豊騎手は自信の日記を『野心を持って臨みます』というタイトルで更新。騎乗馬のエアスピネルに関して「普通のレベルの年だったら一冠ぐらいは取れていたかもしれない。そう思えるぐらいの高いポテンシャルの持ち主」と評し、「3000mという距離が”利”となるかどうかは乗り方次第でしょう。野心を持って臨みます」と熱く語っている。

「昔から長距離は騎手で買え」という格言があるが、これを地で証明しているのが、ともに歴代最多の菊花賞4勝、天皇賞・春7勝を誇る武豊騎手。今年の天皇賞・春もキタサンブラックで制したばかりか、大レースで勝負強いだけでなく、長距離レース全体で他の追随を許さない圧倒的な良績を収めている。

 確かに菊花賞への試金石となった前走の神戸新聞杯の5着は、この馬からすれば本当に落胆せざるを得ない結果だった。

 それまで、例え敗れようとも世代トップクラスの馬たちにしか先着を許さなかったエアスピネルが、勝ったサトノダイヤモンドから0.7秒も突き放され、ミッキーロケットや同厩のレッドエルディスト、カフジプリンスにさえ後塵を拝したのだ。

 だが、あの時のエアスピネルは大外から後方一気という”らしくない”競馬。それに1週前の追い切りでレッドエルディストに先着を許していたように、決して動きは本物ではなかった。

距離不安に早熟説、さらに外枠とエアスピネルが「キャリア最大の逆風」でも諦めない武豊騎手!「野心を持って臨む」競馬界のカリスマは奇跡を起こせるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール