NEW

重賞穴馬データ~菊花賞・富士ステークス~

【この記事のキーワード】, ,
keibaura.jpg

 先週の秋華賞は推奨したカイザーバルが8番人気で3着となり、唯一人気薄馬で馬券に絡んだ。今週はマイルチャンピオンシップの前哨戦となる富士ステークス(G3)と3歳クラシック三冠最終戦の菊花賞(G1)だ。

 菊花賞には皐月賞馬ディーマジェスティと日本ダービー2着サトノダイヤモンドが出走しているが、どの馬も初めて走る京都の3000mであり、スプリンターズステークス、秋華賞に続いてここも波乱の空気が漂っている。今回も過去の傾向から穴馬をしっかり見極めたい。

富士ステークス

 このレースははっきり言って荒れるレースだ。過去10年で6番人気以下で3着以内に飛び込んだ激走馬は14頭と多く、逆に1番人気馬の好走例は少ない。

 やはり次のマイルチャンピオンシップを見据えて調整程度で走る馬もいるようで、実力の取捨が難しいようだ。こういったレースこそデータで穴馬を見つけたいもの。過去の傾向は以下の通りだ。

・騎手は関東所属が圧倒的に優勢

・調教師は関西がやや優勢もほぼ互角

・性別は牡馬が圧倒的

・馬体重は440-546kgで極端な軽量馬は無視

・前走人気は1番人気馬は除外

・前走レースはオープン特別かG3戦で特に京成杯AH組は要注意

・前走距離は1600m戦出走馬中心

・重賞で3着以内に好走した実績がある馬が優勢

以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

マイネルアウラート
———————-
各条件に合致する絶好の狙い馬。2月の東京新聞杯(今回と同じ東京1600m)では11番人気3着。当時と同じ騎手、同じ斤量。

テイエムイナズマ
———————-
関西騎手はマイナス要素だが他の合致する穴馬候補。前走から斤量2kg減も美味しい。

 この2頭にロードクエスト、フルーキー、ダノンプラチナ
、ヤングマンパワーなどを加えた馬券がオススメだ。

重賞穴馬データ~菊花賞・富士ステークス~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」