NEW

「モーリスVSエイシンヒカリ」天皇賞・秋(G1)で世界的評価を受ける2つの「巨星」が激突!充実のルージュバック&アンビシャスが世界の強豪を迎え撃つ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eishinhikari.jpgエイシンヒカリ(競馬つらつらより)

 例えば12月の香港国際競走のメインレースが2400mの香港ヴァースではなく、2000mの香港カップであるように、近代競馬は時代を重ねるごとに2400mよりも2000mが重視される傾向にある。

 日本で2000mのG1といえば、やはり30日に控える天皇賞・秋(G1)だ。

 特に今年は極めてハイレベル、そしてスリリングな強豪馬が集った印象。スピードとスタミナをバランスよく兼ね備えた「最も理想的なサラブレッド」はどの馬か――。日本を代表する2つの「巨星」が激突する、この天皇賞・秋が今年のベストレースになる可能性は十分にある。

 マイル王がついに”最終進化形”を披露する時が来た。世界No.1ジョッキー・R.ムーアを召喚し、モーリス(牡5歳、美浦・堀厩舎)が日本の頂に立つ。

 昨年の最優秀短距離馬であり、年度代表馬。だが、今年はその歯車が微妙に狂った状態だ。

 今年初戦となった香港のチャンピオンズマイル(G1)を楽勝した際は、世界のマイル王として「今年はどれだけのタイトルを積み上げるのか」と世界中から注目されていたモーリス。しかし、強行軍で挑んだ安田記念(G1)では、ロゴタイプの乾坤一擲の走りに完敗。昨年1月から続いていた連勝劇が「7」でストップした。

 その後、陣営はマイルの域を超えて中距離への挑戦を表明。手始めに挑んだ札幌記念(G2)では鞍上に香港No.1騎手のJ.モレイラを招き、単勝1.6倍の圧倒的人気に推された。ところが、ここでもネオリアリズムの大駆けに遭い、まさかの2着。

 3歳春以来の2000m以上の挑戦、さらには重い馬場だったことなど敗因はいくつかあるが、負けてはならない馬が負けてしまったことは事実。これで連敗となり、今回はいよいよ不退転の覚悟で臨むことになりそうだ。

 そのマイル王の覇道の前に大きく立ち塞がるのが、今春世界No.1の評価を受けたエイシンヒカリ(牡5歳、栗東・坂口正則厩舎)だ。

「モーリスVSエイシンヒカリ」天皇賞・秋(G1)で世界的評価を受ける2つの「巨星」が激突!充実のルージュバック&アンビシャスが世界の強豪を迎え撃つ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!