NEW

「モーリスVSエイシンヒカリ」天皇賞・秋(G1)で世界的評価を受ける2つの「巨星」が激突!充実のルージュバック&アンビシャスが世界の強豪を迎え撃つ!

【この記事のキーワード】, ,
eishinhikari.jpgエイシンヒカリ(競馬つらつらより)

 例えば12月の香港国際競走のメインレースが2400mの香港ヴァースではなく、2000mの香港カップであるように、近代競馬は時代を重ねるごとに2400mよりも2000mが重視される傾向にある。

 日本で2000mのG1といえば、やはり30日に控える天皇賞・秋(G1)だ。

 特に今年は極めてハイレベル、そしてスリリングな強豪馬が集った印象。スピードとスタミナをバランスよく兼ね備えた「最も理想的なサラブレッド」はどの馬か――。日本を代表する2つの「巨星」が激突する、この天皇賞・秋が今年のベストレースになる可能性は十分にある。

 マイル王がついに”最終進化形”を披露する時が来た。世界No.1ジョッキー・R.ムーアを召喚し、モーリス(牡5歳、美浦・堀厩舎)が日本の頂に立つ。

 昨年の最優秀短距離馬であり、年度代表馬。だが、今年はその歯車が微妙に狂った状態だ。

 今年初戦となった香港のチャンピオンズマイル(G1)を楽勝した際は、世界のマイル王として「今年はどれだけのタイトルを積み上げるのか」と世界中から注目されていたモーリス。しかし、強行軍で挑んだ安田記念(G1)では、ロゴタイプの乾坤一擲の走りに完敗。昨年1月から続いていた連勝劇が「7」でストップした。

 その後、陣営はマイルの域を超えて中距離への挑戦を表明。手始めに挑んだ札幌記念(G2)では鞍上に香港No.1騎手のJ.モレイラを招き、単勝1.6倍の圧倒的人気に推された。ところが、ここでもネオリアリズムの大駆けに遭い、まさかの2着。

 3歳春以来の2000m以上の挑戦、さらには重い馬場だったことなど敗因はいくつかあるが、負けてはならない馬が負けてしまったことは事実。これで連敗となり、今回はいよいよ不退転の覚悟で臨むことになりそうだ。

 そのマイル王の覇道の前に大きく立ち塞がるのが、今春世界No.1の評価を受けたエイシンヒカリ(牡5歳、栗東・坂口正則厩舎)だ。

「モーリスVSエイシンヒカリ」天皇賞・秋(G1)で世界的評価を受ける2つの「巨星」が激突!充実のルージュバック&アンビシャスが世界の強豪を迎え撃つ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直