NEW

クラシック最終戦の菊花賞(G1)は1番人気サトノダイヤモンドがついに戴冠!「サトノ軍団」とオーナーの里見治氏は悲願の初G1制覇!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satonodaiyamododa-bi-.jpgサトノダイヤモンド(競馬つらつらより)

 世代No.1の「ダイヤの原石」が、ついに本物の輝きを放った。

 23日、3歳牡馬クラシック最終戦となる菊花賞(G1)が京都競馬場で開催。ここまで近年まれにみるハイレベルなレースを重ねてきた3歳牡馬たちによる集大成が幕を開けた。

 1番人気に推されたのは、2.3倍のサトノダイヤモンド。春はまさかの無冠で終えたが、やはりこの馬の底知れぬポテンシャルを多くのファンが支持した。対する皐月賞馬ディーマジェスティは3.2倍の2番人気。

 前哨戦をこの2頭が制していることからも、まさに「2強」の様相を呈していた。

 ジュンヴァルカンが大きく出遅れたものの、他馬は揃ったスタート。内から押してジョルジュサンクがハナを主張するも、ミライヘノツバサも譲らない。好スタートを切ったサトノダイヤモンドは先団で無理をせず、その隣にはエアスピネルの姿もあった。

 3000m級のレースでは珍しく序盤から先行争いが激しい。ミライヘノツバサがハナ争いを制したかと思えば、さらに外からサトノエトワールが強引に主導権を握りに行き、アグネスフォルテもそれにつれて上がっていく。

 スタート直後から出入りの激しい展開が繰り広げられたが、そういった先頭集団を見るような形でエアスピネル。そのすぐ後ろにサトノダイヤモンド。ディーマジェスティは中団で脚を溜めている。その後ろにはレインボーラインの姿もあった。

 隊列が落ち着いたのは、最初のコーナーを曲がり切ってからとなった。

クラシック最終戦の菊花賞(G1)は1番人気サトノダイヤモンドがついに戴冠!「サトノ軍団」とオーナーの里見治氏は悲願の初G1制覇!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!