NEW

EXILEがついに「世界進出」「目指すはディズニー」ぶち上げるも「商業至上主義」と冷めた声多数! 狙いは「エンタメの広がり」ではなく……?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
maikuxs.jpg

 EXILE、三代目J Soul Brothersらが所属するLDHが、世界に打って出ることを公式サイトで発表した。今後、日本の拠点を「LDH JAPAN」と改め、さらにアメリカ、ヨーロッパ、アジアに拠点を置き、世界基準でエンタテインメントを創造する組織改革に着手するという。

 公式サイトでHIROは、「今までは国内での活動を中心にしてきましたが、いまやエンタテインメントは世界中からリアルタイムに様々なものが日本に届き楽しむことができる環境になりました。」と情勢の変化を語り、そこで「LDHは世界基準でのエンタテインメントを創造できる会社をめざしていきたいと考えています。まだまだ未熟な僕らですが、”ディズニー”や”ユニバーサル”のような世界中の人が楽しめるエンタテインメントを生みだせる会社をめざしたいという夢があります」と構想を説明している。

 LDHでは、ボーカルのATSUSHIの期間限定米留学や、7月に世界的音楽プロデューサーでDJのAfrojack(アフロジャック)とマネジメント契約を結ぶなど確かに世界に目を向けた活動をしていた。また主演映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は台湾でのプレミア上映イベントもファンを大勢集め、成功を収めたという。世界に打って出る準備は万端ということだろう。

「世界戦略といえば聞こえがいいですが、会社としてはあくまで事業拡大することを発表しただけ。それにもかかわらず、ここまで仰々しくメディアが取り上げる必要があるのかは不明ですね。また、その事業もアメリカでのダンススクールの解説や台湾で関連グッズの販売店の展開などいかにも『EXILEっぽい』ものが多いようですが、最近の『商業至上主義』イメージの側面から言えば、冷めた目で見る人も多いでしょうね」(芸能ライター)

 この発表を受けてネット上では「事業拡大して大失敗」「いったいどこに需要がある?」「素人目にも失敗するのが目に見える」など、好意的に受け入れられているとは言いがたいようだ。

EXILEがついに「世界進出」「目指すはディズニー」ぶち上げるも「商業至上主義」と冷めた声多数! 狙いは「エンタメの広がり」ではなく……?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!