NEW

「ディープインパクト産駒・爆発」の2016牡馬クラシック。3頭の「筆頭後継種牡馬候補」が彩った結末は「衝撃」と驚嘆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
da-bi-2016.jpg「競馬つらつら」より

 今年のクラシック競走がすべて終了した。史上空前のハイレベルとされた3歳世代が、レースごとに異なる顔を見せ、そして三冠すべてで異なるディープインパクト産駒が勝利した。

 皐月賞では、8番人気と当時伏兵扱いだったディーマジェスティが、直線で競り合うエアスピネル、リオンディーズ、サトノダイヤモンドを一気に飲み込み圧勝。暴風の中、リオンディーズが作ったハイペースがはまった部分もあったのだろうが、それにしても鮮やかすぎる末脚で、一気に世代の中心に躍り出た。

 ディーマジェスティは凱旋門賞で2着を2度経験している蛯名×二ノ宮コンビ。この時点ですでに海外への夢も膨らんでいたが、まずは同世代に敵がいないことを証明することが先。1枠1番という絶好の枠も引き、最高の形でダービーに駒を進める。

 しかし、そこで黙っていなかったのが、皐月賞でディーマジェスティの後塵を拝したものの、その他のライバルを交わし切ったマカヒキだ。戦績や見た目、末脚など父ディープインパクトに酷似していることから注目されている同馬が、日本ダービーの舞台でその真価を見せつける。

 ダービーでも、戦前の予想通りディーマジェスティ、サトノダイヤモンド、マカヒキの三つ巴。しかし、ディーマジェスティは思うように脚を伸ばせず、レースはサトノダイヤモンドとマカヒキの一騎打ちに。どちらが勝ってもおかしくない状況だったが、一瞬のキレに勝るマカヒキが追いすがるサトノダイヤモンドをハナ差制して戴冠。主役の座をディーマジェスティから奪い去り、この時点での「世代の頂点」に立った。

「ディープインパクト産駒・爆発」の2016牡馬クラシック。3頭の「筆頭後継種牡馬候補」が彩った結末は「衝撃」と驚嘆のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!