NEW

【徹底考察】天皇賞・秋(G1) アンビシャス「その力は『G1級』も期待された宝塚記念でまさかの16着。世代屈指の大器は何故、大敗したのか」

【この記事のキーワード】, ,

 血統的に見ても母方は重厚な欧州血統で、実際に宝塚記念を制したのはアンビシャスと同じ、ディープインパクト×エルコンドルパサーのマリアライト。この馬が雨を苦手にしているというのは、苦しい見解なのではないだろうか。

【血統診断】

anbishasukettou.jpg

 近親の活躍馬はオークス4着のニシノアカツキ程度だが、ディープインパクト×エルコンドルパサーの配合となると、エリザベス女王杯と宝塚記念を制したマリアライトがいる。

 母系にはダート王ヴァーミリアンや菊花賞馬ソングオブウインドを輩出したエルコンドルパサー、サクラローレルを送り込んだレインボウクエスト、ネオユニヴァースの母父にあたるクリスと、欧州寄りの重厚な血が流れている。

 そのため、距離に限界のあるディープインパクト産駒であっても十分なスタミナがあるはずだ。現在は気性面の都合で1800mや2000mで実績を残しているが、折り合いで進境を見せれば2400mでの活躍も見込める血統背景である。

 また、宝塚記念の敗因として雨が挙げられているが、血統的には雨は問題ない。むしろ欧州色の強い母方の血は、馬場が荒れることで他馬よりも有利になってもおかしくはないほどパワーに溢れる血統だ。実際に前走の毎日王冠は宝塚記念と同じ稍重で好走しており、今後も雨で重くなったからといって軽視するのは避けた方が良さそうだ。

 すでにG1級の力を秘めているが、エルコンドルパサー×レインボウクエスト×クリスはどちらかといえば奥手の傾向にある。すでに昨年の天皇賞・秋よりも10kgほど増えた馬体で出走できそうだが、もう一皮むける可能性のある血統だ。

【徹底考察】天皇賞・秋(G1) アンビシャス「その力は『G1級』も期待された宝塚記念でまさかの16着。世代屈指の大器は何故、大敗したのか」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール