NEW

【徹底考察】天皇賞・秋(G1) アンビシャス「その力は『G1級』も期待された宝塚記念でまさかの16着。世代屈指の大器は何故、大敗したのか」

【この記事のキーワード】, ,

 ただ、あえて付け加えれば、アンビシャスの上位進出が望めないとわかった直線半ばの時点で、鞍上の横山典弘騎手は追うのをやめている。これは馬の負担に人一倍敏感な横山典騎手の特徴で見切りが早い分、こうして必要以上に酷い負け方をすることも珍しくはない。

 その上で、この2戦でわかったことはアンビシャスがキタサンブラックにスタミナという点では遥かに劣ること。そして2000mを走る上で先行策をとった場合、スタミナ面で大きな不安要素があるということだ。前走の毎日王冠の前に、本馬を管理する音無秀孝調教師がC.ルメール騎手に対して「リセットする形で以前の形(後ろからの競馬)に戻してもらおうと思っています」と言ったのも、そういった結果を踏まえてのことだろう。

 したがって、今回の鞍上は大阪杯と宝塚記念で手綱をとった横山典弘騎手に戻るが、競馬自体は毎日王冠で見せたような後方からの競馬になる可能性が極めて高い。

 おそらく雨の心配がなく、スタミナを温存して後方からの競馬に徹する以上、中団8番手から上がり全体3位の33.7秒の末脚を駆使して、勝ったラブリーデイから0.2秒差の5着だった昨年以上の結果が求められるのは当然だ。

 だが、問題は58㎏という斤量。父ディープインパクトと似て馬格のない本馬。【血統診断】で触れた通り、今年は昨年の458㎏から10kg程度大きくなった馬体で出走できそうだが、昨年の天皇賞・秋よりも12㎏増えながらも大敗した宝塚記念は、アンビシャスにとって初の斤量58㎏だった。

 基本的に馬格のない馬ほど斤量の影響は大きい。前走の毎日王冠で57㎏を克服したのは、この馬にとって大きな収穫。だが、さらに1kg増えてどうか。真価が問われるところだが、接戦になれば微妙に影響する可能性は否めない。
(監修=下田照雄(栗東担当))

【徹底考察】天皇賞・秋(G1) アンビシャス「その力は『G1級』も期待された宝塚記念でまさかの16着。世代屈指の大器は何故、大敗したのか」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか