NEW

MAX機の代名詞的な存在「慶次」「牙狼」が向う未来とは? 低射幸性営業に対する思いを、現役パチンコ店店長が告白

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『花の慶次』や『牙狼』といったビックネームの新台が、続々とリリース予定のパチンコ業界。

 導入予定は『CR花の慶次X~雲のかなたに~』が11月中旬。『CRアナザー牙狼~炎の刻印~』が12月となるが、早くも雑誌などで特集が組まれている状況。やはり近年のパチンコ人気を牽引してきた、両シリーズに対するファンの期待は高いという事なのだろう。

 しかし今回の新台導入が持つ意味は、これまでとは全く異なる。

 もちろん両シリーズは、漫画やドラマといった分野で認識されていた作品という事実もあるが、そのうえで「出玉スピード・量」が期待できた「MAX機としての魅力」が伝わった事がヒットした大きな要因である点は間違いない。

 短時間で万発を超える出玉の獲得も珍しくはない。そういった「強烈な爆発力」を求めて遊技する人間が大半であったといえるだろう。

 ただ「射幸性の抑制」を目的とした規制が生まれた事で、これまでの『花の慶次』・『牙狼』シリーズが多くのファンを魅了してきた「強烈な爆発力を失う」事は必然......。

 果たしてMAX機の代名詞的な台たちが向う未来とは?

 その点を現役パチンコ店店長『Y氏』にうかがった。今回も取材した内容を、要約した形でご紹介させて頂きたい。

記者:MAX機の撤去はファンに大きな衝撃を与えたニュースでした。これまでMAX機を好んで遊技してきた方々は、今後どのような立ち回りになるとお考えですか?

MAX機の代名詞的な存在「慶次」「牙狼」が向う未来とは? 低射幸性営業に対する思いを、現役パチンコ店店長が告白のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコ花の慶次の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!