NEW

エイシンヒカリ、絶好1枠1番も不気味すぎる「隣」……武豊騎手の「この馬は難しい」発言に見る不安と期待

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka2222.jpg

 30日に開催される天皇賞・秋(G1)の枠順が確定。その中でも話題なのが、最内枠「1枠1番」を引いたエイシンヒカリ(牡5 栗東・坂口厩舎)だ。

 昨年の香港C、今年の仏イスパーン賞と海外G1を2勝。世界ランクでも上位に名を連ね、国際的な知名度も獲得する同馬だが、国内G1はまだ未勝利。昨年惨敗したこの天皇賞が日本ラストランになることから、この戦いはまさに「最後のチャンス」となる。武豊騎手騎乗、逃げを身上とするなどスターの素養がある点からも、1番人気に押される可能性は十分だろう。

 しかし、エイシンヒカリにとって今回の「枠順」は、非常に警戒すべきものとなってしまった。無論内枠に有利とされる東京2000mであれば、「絶好」1枠1番は歓迎に違いない。しかし、不気味なのはその「隣」にある。

 1枠2番に入ったのは、昨年の同レースで6着になったクラレント(牡7 栗東・橋口厩舎)。近走では4月のマイラーズC(G2)で3着に入ったのが目立つくらいで、あとは上位に食い込めず敗戦を続けるベテランだ。今や世界から注目される存在になったエイシンヒカリの敵ではないように思えるが……。

「昨年の天皇賞、大方の予想ではエイシンヒカリは逃げを選択すると言われていましたが、『2番手』でレースを進め、9着に完敗しています。その時逃げたのがクラレントでした。武騎手はエイシンヒカリを『逃げなければダメな馬ではない』とも語っており、実際にイスパーン賞では2番手から圧勝しています。とはいえ、テンのスピードがエイシンヒカリより上とされるクラレントが先んじて外から被さってきた場合、外枠から逃げを打つ馬がいなければ隊列は昨年と同じになる。

エイシンヒカリ、絶好1枠1番も不気味すぎる「隣」……武豊騎手の「この馬は難しい」発言に見る不安と期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?