NEW

エイシンヒカリ、ラブリーデイの追い切りに不安要素? 競馬評論家鈴木和幸の天皇賞(秋)追い切り診断

【この記事のキーワード】, ,

 ヤマカツエースは坂路で単走、強めに追って52秒4-38秒2をマークしたが、ラスト1Fが13秒0とかかったように伸び脚はイマイチ、少し外にもたれかげん、頭の高さも気になった。中間、ハードに乗り込まれてはきたが変わり身は薄い。

 昨年の勝ち馬ラブリーデイはルメールが手綱をとり、ウッドの4Fからの併せ馬で1馬身先着の52秒4-37秒4ー11秒8。時計的には申し分がないし、余裕残しにも見えたが、ルメールが「直線がめちゃ速かった。コンディションは100%」というほどのシャープさはなかった。むしろ、伸びやかさに欠けたようにも見えた。もっとも、この馬は調教であまりよさを見せる馬ではなく実戦タイプ、私の取り越し苦労かも知れない。

 「体調整わず」で毎日王冠を自重したリアルスティール、これが吉とでたようで、先週19日の1週前追い切りでは大きく先行していた併走相手を楽々捕らえ、2馬身先着、ウッド6F82秒7-37秒4-12秒1をマークした。今週は坂路で単走、しまい強めに追って53秒8-38秒4-12秒5の合格時計が出た。ただ、難をいうと外に逃げるようなシーンがあったし、動きの切れもひと息の感。間に合ったが絶好調とはいかない。

 木曜追いのルージュバック、前走後に放牧に出て美浦帰厩が10月20日と遅い。これを案ずる向きもあったようだが、一切心配無用。今週の追い切りで3頭併せ最先着、時計はといえば4F52秒0-37秒4-12秒4の速さだったからである。それも残り200メートルから軽く仕掛けられただけ、瞬時に反応しての3馬身先着だから文句なし。ピーンと張りつめた馬体は、まぶしいくらいのピカピカの毛づや、これひとつをとっても体調のよさがはっきり。気負い込みのない、この日の精神状態を保てれば、ブエナビスタ以来の牝馬の盾制覇も見えてくる。

 ロゴタイプはウッドで6Fから単走、徐々にスピードを上げてラスト1Fをいっぱいに。83秒3-38秒0-12秒7の時計なら合格点をやってもいいが、追われての反応が鈍く見えたし、フットワークそのものが軽快さ不足に映った。見せ場ひとつなかった毎日王冠からの急変はない。

 以上となりますが皆様の参考になれば幸いです。

 なお私の天皇賞(秋)やスワンステークス(G2)、アルテミスステークス(G3)などの重賞最終予想はコチラで公開しておりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。
(文=編集部)

※この記事はPR記事です。

エイシンヒカリ、ラブリーデイの追い切りに不安要素? 競馬評論家鈴木和幸の天皇賞(秋)追い切り診断のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?