NEW

海外馬券第二弾。カレンミロティック出走のメルボルンカップ有力馬プレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satutaba.jpg

 1日のメルボルンカップは芝3200mのハンデ戦であり、出走頭数も多く非常に難解なレースだ。日本のハンデ戦のG3でさえ難しいのに、海外のG1、長距離、情報の少ない南半球。

 そのハンデにしても、同じ国であればともかく、全く違う国で全く違うカテゴリのレースでのパフォーマンスの優劣をつけるのだから当然難しい。昨年はブックメーカーのオッズは単勝万馬券の大荒れであり、過去10年間で1番人気が勝ったことは1度しかない。

 10月24日に2次登録が完了しているため、これから大きな変更は少ないだろう。現時点でのブックメーカーで上位人気に評価されている馬をピックアップした。年齢は南半球年齢になっている。

ハートネル(6歳セン馬・55kg・5倍)

 前走はウィンクスに大きく離されたコックスプレートの2着。しかし、それまでにターンブルステークス(G1)を含む3連勝をしていた。前走はウィンクスが走り過ぎただけと考えてもいいだろう。昨年もほぼ同じようなローテーションで、コックスプレート5着からメルボルンCは55.5kgで15着。今年は斤量も減っており、調子も良さそうだ。

ジャメカ(4歳牝馬・53.5kg・6.5倍)

 前走コーフィールドカップ(G1)を勝利した4歳牝馬。52.5kgで3馬身差の完勝だった。
前々走はターンブルステークスはハートネルから3馬身1/4差の2着。トップハンデが56kgなので、ハンデは決して軽くない。2000mを超えると成績が良くなっているが、牝馬はマカイヴィーディーヴァ以来勝ちはない。

ボンダイビーチ(5歳牡馬・55kg・11倍)

 昨年の英セントレジャーで2着したステイヤー。オブライエン厩舎。2016年は2連勝でスタートしたが、前々走はG3で3着。前走のKPMGエンタープライズS(G3)はジューコワ、ユーエスアーミーレンジャーの3着。昨年のメルボルンCは5馬身半差の16着と敗れたが、一貫して長い距離を使われており、3200mという距離については上位であろうと思われる。

海外馬券第二弾。カレンミロティック出走のメルボルンカップ有力馬プレビューのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!