NEW

ゴールドアクターに続く躍動馬は生まれるのか? 今後の中長距離戦線へ影響を与えるアルゼンチン共和国杯(G2)に注目!

go-rudoakuta-.jpg昨年の勝馬ゴールドアクター(競馬つらつらより)

 G1の谷間週に開催されるアルゼンチン共和国杯(G2)。通常G1馬の参戦がないという事もあり「地味」な印象を持たれがちなレースだ。

 しかし近10年でG1馬を4頭も輩出。昨年の有馬記念(G1)覇者ゴールドアクターや、08年のジャパンC(G1)を制したスクリーンヒーローなど、躍進を期す馬達が集うレースだ。今後の中長距離戦線を占う意味でも、見逃せない一戦といえるだろう。

 まず注目したいのは秋華賞(G1)を制したヴィブロスの半兄にあたる、シュヴァルグラン(牡4歳、栗東・友道康厩舎)。

 今年は日経新春杯(G2)2着、阪神大賞典(G2)1着、天皇賞・春(G1)3着と実績は十分。ココでも上位人気になる事が確実視されている。前走の宝塚記念(G1)は9着と大敗したが、直線で下がってきた馬が邪魔になるアクシデントが影響した事。何よりも本馬にとって、距離が短かった事は明白で度外視できる。今回は6戦して「4・1・1・0」とすべて馬券圏内を確保している得意な長距離(2400m以上)。前走のような結果にはならないであろう。

 東京コースは初となるが広いコースでこそ持ち味がでるタイプ。その点に関して不安は感じられず好走が期待できる。目標は次走以降となるであろうが、相手関係を含めた条件面を考えれば大崩れする結果は予想し難い。

ゴールドアクターに続く躍動馬は生まれるのか? 今後の中長距離戦線へ影響を与えるアルゼンチン共和国杯(G2)に注目!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
2「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
3コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
4「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
8名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
9横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
10武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々