NEW

スロット規制強化に伴う「Aタイプ」多様化の動き。「革命」とも呼べる驚愕の新スペックへ迫る。-第1回-クランキーセレブレーション

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 規制強化に伴い、様々な動きが見られるパチンコ関連業界。その中で注目したいのは、スロット業界の「Aタイプ」多様化を進める動きだ。

 ボーナスでコインを増やす機種「Aタイプ」が、5号機時代の主流を担ってきたのは周知の事実。適度な技術介入要素・設定推測要素の豊富さを併せ持つ『ハナビ』のように、導入後1年半を過ぎた今でもホールのメイン機種の一つとなっている台も存在する。

『ハナビ』が人気の最大の理由は「技術介入をしっかり行えば設定1でも機械割が100%を超える=負けづらく遊べる」という側面があるからともいえるだろう。台を吟味しなくても「設定1でもほぼ五分五分」と短期勝負なら気楽に座れてしまう『ハナビ』は、ある意味「憩いの場」とも表現できる存在感をホールで放っているのだ。

  そんな『ハナビ』を筆頭に『クランキーコンドル』・『B-MAX』・『サンダーV』などのヒット作を量産している『アクロス』が、「Aタイプの常識を打破しようとする挑戦」を始めた。

 今までの常識から一線を画した機種が、受け入れられるか否かはAT・ART規制にある「今後のAタイプ新機種市場」に少なからず影響を与える筈だ。

 それは10月24日から導入された『クランキーセレブレーション』。

スロット規制強化に伴う「Aタイプ」多様化の動き。「革命」とも呼べる驚愕の新スペックへ迫る。-第1回-クランキーセレブレーションのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!