NEW

スプリントで「6馬身」圧勝の牝馬レーヌミノルが遠征で登場! 京王杯2歳S(G2)はハイレベルな2頭の牡馬が迎え撃つ

【この記事のキーワード】

, ,

keibakeibakeibax.jpg

 5日の京王杯2歳S(G2)。最大の注目馬は、9月4日に行われた小倉2歳S(G3)を「6馬身」という1200m戦では異例の大差で完勝したレーヌミノル(牝2 栗東・本田厩舎)だ。

 淀みないハイペース、最後の直線ではすべての馬がバテて止まる中、レーヌミノルだけ脚色がまったく衰えず差を開く一方の走り。まさに圧巻だった。騎乗した浜中俊騎手も1週前追い切りの段階で「普通に回ってくれば勝ちますよ」と絶対の自信を誇っており、レース後も「距離はマイルまではもつと思いますし、G1も狙える馬」と今後の可能性を語っている。

 小倉滞在組のライバルたちが「夏バテ」したことで着差がついた、という話もあるが、それが真実だとしてもスプリントとしてはなかなかあり得ない差をつけた現実は揺るがない。マイル~短距離の重賞馬を多数輩出するダイワメジャーの”最高傑作”になる可能性もゼロではないだろう。

 ただ、ライバルとなる牡馬も黙って後塵を拝する気はないだろう。函館2歳S(G3)をレコードで制してデビュー2連勝中のレヴァンテライオン(牡2 栗東・矢作厩舎)が最大のライバルだろう。米国のPioneerof the Nileを父に持つ未知数度の高い外国産馬だが、その分不気味さは強い。3年前のアジアエクスプレスが朝日杯FSを制しているように、レヴァンテライオンも強豪へと飛躍する素質はあるだろう。

 現在全国騎手リーディングトップをひた走る戸崎圭太騎乗で新馬、くるみ賞と連勝したコウソクストレート(牡2 美浦・中舘厩舎)も期待度の高い1頭だ。父は今年の桜花賞馬ジュエラーを輩出したヴィクトワールピサ、母父に朝日杯、安田記念勝利のアドマイヤコジーンという血統は、豊かなスピードを持ち合わせている可能性が高い。すでに京王杯と同じ東京1400m戦を制している点も大きなプラス材料だろう。

スプリントで「6馬身」圧勝の牝馬レーヌミノルが遠征で登場! 京王杯2歳S(G2)はハイレベルな2頭の牡馬が迎え撃つのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!