NEW

【徹底考察】みやこS(G3) ラニ「この馬は間違いなく偉大なチャレンジャーだ。だが、『日本』で本当に強いのか、それとも......」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ranitake.jpg
ラニ(JBISサーチ公式サイトより)

『考察』

 この春、日本馬として初めてUEAダービー(G2)を勝ち、さらにはアメリカのクラシックにフル参戦したラニ。偉業という点では極めて大きなものをもたらした存在だが、実際のところ「日本」での競走馬としての資質は、未だベールに包まれたままだ。

 すでに10戦のキャリアを築いているラニだが、日本でのオープン実績は3歳2月のヒヤシンスS(OP)の5着、そして国内復帰戦となった前走のブラジルC(OP)3着と決して胸を張れるものではない。好メンバーが集った今回のみやこS(G3)では、むしろ格下の実績と述べても過言ではないだろう。

 武豊騎手ではなく、内田博幸騎手で挑んだ前走のブラジルCの主役は、最初から最後まで、横山典弘騎手だった。

 キープインタッチが大きく出遅れた以外は、各馬揃ったスタート。以前からゲートに難のあるラニも、出足が鈍いもののまずまずのスタートを切っている。隣にいた横山典騎手のミツバも似たようなスタートだったが、こちらは大外からグングンと加速。1コーナーを回る頃には、強引に先手を奪っていた。

 実際に最初の3ハロンは、ブラジルCが2100mになった2008年以降で2番目に速いペース。ミツバは決して楽に先手を奪ったわけではなかったが、なおも加速し続け、1頭だけが大逃げする形となった。1番人気のアポロケンタッキーは好位、ラニは中団やや後ろに位置取っている。

【徹底考察】みやこS(G3) ラニ「この馬は間違いなく偉大なチャレンジャーだ。だが、『日本』で本当に強いのか、それとも......」のページです。GJは、競馬、みやこSラニ内田博幸の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!