NEW

「消えた44億円事件」はスロットマシンだけじゃない!?競馬でも機械のトラブルで消えた「的中馬券」に起こした裁判の結果は?

【この記事のキーワード】

, ,

slot0309.jpg

 3日、米ニューヨーク市クイーンズにあるカジノで約44億の配当を引き当てながら翌日、それが”肉”に変わるという、ギャンブル史上に残る奇妙な出来事が発覚した。CNNが報じている。

 気の毒なハプニングに遭ったのは、アメリカのカトリーナ・ブックマンさんという女性。ブックマンさんは8月下旬に、カジノのスロットマシンで奇跡的な大当たりをゲット。興奮のあまり、その様子を”自撮り”したようだ。

 その配当額なんと4294万9672ドル。日本円で「約44億円」となる途方もない金額は、スロットマシンによる賞金としては史上最高額となる……はずだった。

 ギャンブル史上に残る奇妙で残念な出来事は、その翌日に起きた。

 ブックマンさんが正確な配当額を確認しにカジノに出向いたところ、昨日は件のスロットマシンが不具合を起こしていたため「大当たりは無効」と告げられたのだ。

 ニューヨーク州の賭博規制当局によると、そのスロットマシンには多くのものと同様『機械の不具合の場合は獲得賞金やプレー結果が無効になる』とのただし書きが添えられており、それに該当したらしい。

 信じられないハプニングに見舞われたブックマンさんを気の毒に思ったカジノ側は、彼女にステーキのディナーを御馳走したらしいが、腹は膨れても財布は膨れない。シングルマザーとして4人の子供を育てているブックマンさんは、CNN系列局WABCの取材に「私の頭に浮かんだのは家族のことだけ」と答えたそうだが、あまりにも悲惨な出来事だ。

「消えた44億円事件」はスロットマシンだけじゃない!?競馬でも機械のトラブルで消えた「的中馬券」に起こした裁判の結果は?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!