NEW

JBC開催の川崎競馬場が地方競馬の「売上新記録」を達成!確実な発展を遂げつつある新たな競馬ブームの実態とは

【この記事のキーワード】, ,
chihoukeiba3.jpg

 一時は低迷の一途を辿っていた競馬ブームが復活しつつあるのは、どうやら本当らしい。

 3日にクラシック、スプリント、レディスクラシックの3つのG1からなるJBC(ジャパンブリーディングファームズカップ)開催を終えた川崎競馬場が、1日あたりの売上48億7402万2850円を記録し、これが地方競馬の1日の売上の最高記録を更新したことがわかった。

 従来の記録は、昨年末に大井競馬場で東京大賞典(G1)が行なわれた12月29日の48億5144万4950円だったが、今回はそれを2000万円ほど上回る新記録。何より大きいのが、大井競馬場と川崎競馬場という異なった開催場が、短期間で地方競馬そのものの史上最高売上を更新した事実だ。

 大井競馬場に関しても、すでに今年6月に行なわれた帝王賞(G1)が前年比155%の記録し、従来の売り上げ記録を2億円上回ったように極めて順調に業績を伸ばしている。これは地方競馬全体が、今までにない良好な流れを築きつつあると述べても過言ではないだろう。

「今回のJBC開催が大きく成功した理由として、川崎競馬場が約20年ぶりに大きくリニューアルしたことが挙げられます。これはナイター競馬を導入して以来の大改装で総事業費は約20億円。

 2号スタンドの全面改良や芝生広場の大型遊具の新設に加え、大型のキッズスペースや1号スタンド、内馬場投票所などがすべてリニューアルされました。エスカレーターの増設やウィナーズサークル、大型ビジョンの新装など見た目にも明らかな変化が見て取れたのが、入場者数の大幅な増加につながったようです」(競馬記者)

JBC開催の川崎競馬場が地方競馬の「売上新記録」を達成!確実な発展を遂げつつある新たな競馬ブームの実態とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと