NEW

人気薄のユタカはココで買え! 大波乱必至の注目重賞で買うべき穴馬はコイツだ! 重賞穴馬データを公開~アルゼンチン共和国杯・みやこS・京王杯2歳S・ファンタジーS~

【この記事のキーワード】, ,
160121_keiba.jpg

 先週の天皇賞(秋)は推奨したステファノスが3着に好走してくれた。今週はG1レースはお休みだが今後に繋がる重要な重賞レースが4つも行われる。今回も過去の傾向をしっかりチェックして人気薄の激走馬を見つけたいところだ。

~11月5日~

■東京 京王杯2歳ステークス

 関東開催で行われる2歳限定重賞で最初のG2レースということもあり、毎年好メンバーが出走するレースだが、今年は過去最高レベルの2歳馬が集まったと言っても過言ではないだろう。オープン馬は13頭中7頭に達し重賞勝ち馬が2頭、オープン特別勝ち馬が1頭、重賞2着馬が2頭という豪華メンバーだ。しかし現在8年連続で1番人気馬が敗退しているレースでもあり、難解なレースであることも忘れてはならない。過去10年で6番人気以下で3着以内に飛び込んだ馬の共通要素は以下の通りだ。

・騎手は関東所属騎手が優勢

・調教師は関東所属が優勢

・性別は牡馬のみ

・馬体重は438-508kgで軽量馬は軽視

・前走人気は1~9番人気以内

・前走着順は1~7番人気以内

・前走は未勝利戦かオープン特別に出走した馬が狙い

・重賞で3着以内に好走したことがない、もしくは出走したことがない馬

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

ドウディ
———————-
各条件に合致する穴馬。かなりの人気薄が見込めるがぜひ抑えておきたい一頭だ。

タイムトリップ
———————-
もしかしたら人気になるかもしれないが条件に合致している注目の一頭。

 この2頭にレーヌミノル、モンドキャンノ、レヴァンテライオンなどを加えた馬券がオススメだ。

人気薄のユタカはココで買え! 大波乱必至の注目重賞で買うべき穴馬はコイツだ! 重賞穴馬データを公開~アルゼンチン共和国杯・みやこS・京王杯2歳S・ファンタジーS~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
2「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
3コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
4「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
8名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
9横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
10武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々