NEW

京都での抜群の安定感と「サイン」、武豊騎手も後押し!? エリザべス女王杯の伏兵マキシマムドパリに熱視線

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
makishimamudopari.jpgマキシマムドパリ(JBISサーチ公式サイトより)

 13日に開催されるエリザベス女王杯(G1)の中核を成すのは、今年の宝塚記念を制し、同レース連覇を狙うマリアライト、昨年の2冠馬ミッキークイーンが中心とされている。パールコードやクイーンズリングも逆転を狙う強豪として名を連ねているが、ひと際不気味なのがマキシマムドパリ(牝4 栗東・松元厩舎)だ。

 ここまで16戦4勝という通算成績だけを見れば「凡庸」そのものだが、馬券圏内を外したことは3回、掲示板を外したことも昨年のオークス8着の一度きりと、とにかく安定して結果を残すのが同馬の特徴。終いの脚が確実で、上がり上位も何度も叩き出している。

 近5走は1000万下2戦、1600万下3戦で(1・0・3・1)とレベルを考えればイマイチな感もあるが、それでも阪神、函館、京都と場を問わずしっかりレースをしている点は評価に値する。距離も1800~2400と幅が広く、今回のエリザベス女王杯の距離も問題はない。

 何より同馬の最大の追い風と言えるのは「京都適性の高さ」だ。京都競馬場での成績は(1・0・4・0)と一度も馬券を外しておらず、3着の一つは昨年の秋華賞。このレースで前を走っていたのがミッキークイーンとクイーンズリングだが、前者は休養明け、後者は距離不安とアキレス腱がないわけではない。レース自体も先行勢で唯一5着以内を確保している。1馬身1/4の差が1年経ってどうなっているのかにも注目だ。

 また、オカルト的ではあるが、すでにこの馬がくる「サイン」もあるとかないとか。

京都での抜群の安定感と「サイン」、武豊騎手も後押し!? エリザべス女王杯の伏兵マキシマムドパリに熱視線のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!