NEW

米大統領選・トランプ候補の「15億円ギャンブル伝説」に見る「日本嫌い」っぷりに驚愕!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランプ氏は90年、すでに不動産王として大きな成功を収めていたが、そこである日本人と「一大ギャンブル勝負」をしていたというのだ。

 先手を奪ったのは日本人ギャンブラー柏木昭男という男性で、一説ではラスベガスで「ウォーリア」(戦士)とあだ名されるほどの勝負師だったという。その人物が、トランプ氏が経営するカジノで約9億円も荒稼ぎしたという。これを知ったトランプ氏はこの柏木という人物にバカラでの勝負を挑み、15億円を奪い返したと「NEWS ポストセブン」が今年4月に報じている。

 金額が大きすぎて想像するのも難しいが、トランプ氏がやはり常人の感覚ではできない行動を平然と行える「勝負師」であることが伝わってくるような話ではある。すぐ金を奪い返そうとするあたり「日本嫌い」も相当のもののようだ。

 不動産王としてだけでなく、ギャンブラーとしても伝説を持つトランプ氏。この大統領選を勝利して新たな「レジェンド」を刻むことができるのか。

米大統領選・トランプ候補の「15億円ギャンブル伝説」に見る「日本嫌い」っぷりに驚愕!?のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!