NEW

エアスピネルに続け! 新種牡馬「期待の星」にサトノダイヤモンド妹登場のデイリー杯2歳S(G2)

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
easupineru.jpg

 今年のクラシック競走において4着、4着、3着と常に上位に食い込んだエアスピネル(牡3 栗東・笹田厩舎)。今年に入ってから勝利はないが、2歳時にはすでに重賞勝利を達成している。

 それが、12日に開催されるデイリー杯2歳S(G2)。エアスピネルのみならず、ここ3年間でもタガノエスプレッソ(2014)、ホウライアキコ(2013)と、重賞戦線で確かな存在感を発揮する馬を輩出する出世レースでもある。マイル戦という点では、12月の朝日杯FSや阪神JFにつながるレースとも言えるだろう。

 最注目は、デビューから2戦2勝、前走中京2歳S(OP)を制したディーパワンサ(牝2 栗東・松下厩舎)だ。

 日本のトップサイアーであるディープインパクト最初の日本ダービー馬であるディープブリランテの初年度産駒であるディーパワンサ。未知数の種牡馬ということでそれほどの信頼をおけるのかが焦点だあが、血統を見ればその能力に一定の信頼をおくことができそうだ。

 同馬の母ポロンナルワの母シンハリーズは、今年のオークスを制したシンハライトの母でもある。ディープインパクト×シンハリーズの血統で直近の実績がある点は大きな追い風だろう。近親には昨年の若駒S馬アダムスブリッジや11年のラジオNIKKEI杯を制したアダムスピーク、14年のチューリップ賞3着リラヴァティと仕上がりの早い産駒が多く、ディーパワンサも同じ部類に属する可能性が高い。初の右回りをしっかり克服すれば、重賞制覇も十分可能だろう。

エアスピネルに続け! 新種牡馬「期待の星」にサトノダイヤモンド妹登場のデイリー杯2歳S(G2)のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!