NEW

ミスエルテ快勝など社台グループは絶好調! その裏で「会員の集い」 の見世物にされた藤田菜七子への仕打ちに同情の声も…

【この記事のキーワード】, ,
shadaipa-thi.jpg

 先日行われた2歳重賞のファンタジーステークス(G3)はサンデーレーシングの怪物ミスエルテが快勝し、あらためて社台グループの勢いを見せつけた。

 社台グループの会員制馬主クラブは、熾烈なリーディング争いを行っているサンデーレーシング、新潟2歳ステークスを勝ったヴゼットジョリーの社台レースホース、安田記念を勝ったロゴタイプの社台グループオーナーズ、そしてスプリンターズステークス3着のソルヴェイグを所有するG1レーシングなどで構成されているが、先日10月30日(日)に東京のホテルニューオータニ東京にてその会員や馬主を対象とした「会員の集い」が盛大に開催された。この社台グループによる「会員の集い」は毎年秋に東京と京都で隔年開催されており、今年は東京で行われ、来年は11月頃に京都で行われるという。

 当日は1500名ほどが1人1万5000円の参加費を払って出席して大賑わい。フジテレビの福原アナウンサーが進行を仕切り、ゲストも多彩で相変わらずトークが上手い武豊、福永祐一、ルメール、デムーロ、浜中俊、横山典弘、蛯名正義、内田博幸、田中勝春といった人気ジョッキー、さらにモーリスの堀調教師など多くの関係者が参加してかなり盛り上がった。

 また元プロ野球選手で自身も社台グループの会員である山本昌氏や社台グループと関係が深い日本競走馬協会の会長である衆議院議員の河野太郎氏が出席。そしてその参列者の中で一際輝く紅一点が今年デビューした新人の藤田菜七子騎手だった。

ミスエルテ快勝など社台グループは絶好調! その裏で「会員の集い」 の見世物にされた藤田菜七子への仕打ちに同情の声も…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は