NEW

ルージュバックが戸崎圭太騎手でジャパンカップへ! 「不安要素」だらけも、これが最後のチャンス?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ru-jubakku.jpgルージュバック(競馬つらつらより)

 先月30日の天皇賞・秋(G1)で7着に敗れたルージュバック(牝4 美浦・大竹厩舎)が、戸崎圭太騎手とのコンビでジャパンカップ(G1)に出走することが明らかになった。

 今夏のエプソムC(G3)、秋初戦の毎日王冠(G2)を勝利し、一気に中距離戦線の主役の1頭に躍り出たルージュバックだったが、迎えた天皇賞では、M.デムーロ騎乗のリアルスティールに外からブロックされる形でスムーズに外に出せず、7着に敗れてしまった。

 能力は2歳時から「怪物」と注目を集めてはいたものの、3歳牝馬クラシックは無冠、その後も思うように結果を得られない中、4歳にして能力が開花したと思われていた。天皇賞では痛い黒星となってしまったが、同馬の秋はまだ終わらない。得意の東京を舞台にしたジャパンカップで雪辱を狙う。

 ただ、ここまでルージュバックが高いパフォーマンスを発揮し勝利したのは東京の「1800m」であり、ジャパンカップの2400mは昨年オークスの2着が最高。無論能力が出せていないわけではないが、今回はオークスの時とはレベルが大きく異なる。

 また、リーディングトップである戸崎圭太騎手のここへきての「失速」も気になるところ。先週は珍しく「0勝」で、日曜だけで8勝を達成したC.ルメール騎手に1勝差まで迫られている。秋のG1シーズンになり関西騎乗も増え、関東のように有力な騎乗馬を確保できない状況もあるそうだが……。

 いずれにせよ、ルージュバックのジャパンカップ挑戦は茨の道だ。他に適しているレースがあるとも言えず、ルージュバックにとっては今年「最後のチャンス」となるだろう。どうにか期待に沿うレースを見せてほしいところだが……。

ルージュバックが戸崎圭太騎手でジャパンカップへ! 「不安要素」だらけも、これが最後のチャンス?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!