NEW

マイル界に「殴りこみ」を仕掛けるネオリアリズムの真価は!? 世界のムーアと「実績」で同厩モーリスの後釜に?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
neoriarizumu.jpgネオリアリズム(JBISサーチ公式サイトより)

 今週末はエリザベス女王杯(G1)が開催されるが、その翌週にはマイル王決定戦・マイルCS(G1)が行われる。

「マイル王」と言っても、現状日本競馬のマイルを統一するモーリス(牡5 美浦・堀厩舎)が天皇賞勝利、香港遠征を予定しているため、真の王者決定戦とはならなそうだ。モーリスは今年で引退となるため、一歩早く「新王者」を決定する戦いという位置づけか。

 そんな混戦のマイル界に、文字通り「殴りこみ」をかける1頭が存在する。前走札幌記念(G2)で2000mとはいえモーリス相手に逃げ切り勝利を収めたネオリアリズム(牡5 美浦・堀厩舎)だ。

 ネオリアリズムとモーリスは同厩で同い年だが、歩んできた道はまったく異なる。4歳から本格的にマイル路線を歩んだモーリスと異なり、ネオリアリズムは常に1800~2000mを舞台に戦ってきた。マイル出走はマイルCSが初となる。いきなりのG1挑戦とは、まさに「殴りこみ」と言えるのではないか。

 無論、札幌記念ではマイペースに持ち込んでモーリス、さらには後に菊花賞2着となるレインボーラインも沈めており、能力の高さはすでに示している。札幌記念では逃げを選択したが、これまでのレースでは先行、差し、追い込みと様々なレーススタイルで勝利を収めている。スピードが上がるマイル戦で控える競馬をしても問題はなさそうだ。

マイル界に「殴りこみ」を仕掛けるネオリアリズムの真価は!? 世界のムーアと「実績」で同厩モーリスの後釜に?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!