NEW

3歳最強の「オールラウンダー」レインボーラインもジャパンカップ参戦! 父の「鬼門」となる舞台で、鍵となるのは「鞍上」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
reinbowrain.jpgレインボーライン(JBISサーチ公式サイトより)

 すでにディーマジェスティ(牡3 美浦・二ノ宮厩舎)、ビッシュ(牝3 美浦・鹿戸厩舎)と2頭の3歳馬が出走を予定している27日のジャパンカップ(G1)。ここへきて、さらに有力な3歳馬が出走を表明した。

 その名はレインボーライン(牡3 栗東・浅見厩舎)。今年のNHKマイルC3着、札幌記念3着、菊花賞2着と距離場所問わず活躍する世代最高レベルのオールラウンダーである。

 前走菊花賞では後方から一気の末脚で他馬をごぼう抜き。別次元の脚を使った勝ち馬サトノダイヤモンドには届かなかったが、うまくインでレースを進めたエアスピネルはきっちりと差し切るあたり、どのような状況でも結果を残す能力は誰もが知るところ。

 ただ、どの状況でも結果を残せる分、「最適距離」というのが未だに不明確なのも同馬である。マイルで好走、長距離でも好走となれば、ベストが中長距離の2400m、という見方はさすがに安易かもしれない。

 レインボーラインはステイゴールドの産駒である。ステイゴールドといえばオルフェーヴルにゴールドシップ、フェノーメノにドリームジャーニーと一流の名馬を多数輩出したスーパーサイアーだが、「東京2400m」でいえば、G1勝利したのはオルフェーヴルの日本ダービーのみ。ゴールドシップやドリームジャーニーはこの舞台を大の苦手としており、フェノーメノも3歳時以外は良積を残せてはいない。ステイゴールド産駒にとってはいわば「鬼門」である。産駒の傾向からすれば有馬記念を選択する方が無難に思えるが、陣営はジャパンカップ挑戦を選択した。

3歳最強の「オールラウンダー」レインボーラインもジャパンカップ参戦! 父の「鬼門」となる舞台で、鍵となるのは「鞍上」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!