NEW

【徹底考察】エリザベス女王杯(G1) パールコード「圧倒的な実績を残す3歳馬。パールコードにも女王の『資格』あり」

【この記事のキーワード】, ,
pa-ruko-do.jpgパールコード(競馬つらつらより)

『考察』

 過去10年で5勝2着4回3着3回と、10年連続で馬券圏内を送り出している3歳馬。その内、連対を果たせなかったのはタッチングスピーチとルージュバックが3、4着した昨年と、歴史的前残りでブエナビスタが3着に敗れた2009年だけである。

 したがって斤量2kgのアドバンテージがある3歳馬は、近年のエリザベス女王杯(G1)で最も有利な状況にあると述べてよいだろう。

 ちなみに馬券圏内を確保した3歳馬でも2013年に条件戦を連勝して挑んで2着だったラキシス以外は、いずれも「重賞勝ち」、もしくは「クラシック連対」という実績があった。今年は秋華賞(G1)2着のパールコードと、アルテミスS(G3)価値があるデンコウアンジュの2頭しかいないので、どちらも「資格」は持っているということだ。

 その2頭の中でもチャンスが大きいのは、やはり勢いのあるパールコードだろう。

 前走の秋華賞は、まさに陣営の戦略が実った結果だった。春のフローラS(G2)で2着してオークスの優先出走権を掴みながらも休養に入ったのは、どこかが悪かったからというわけではない。現時点での力量を分析した結果、無理にオークスに進まず、秋に備えたのだ。

 その秋の初戦となった紫苑S(G3)でも、すでにフローラSの2着で賞金が足りているためか、+16kgの余裕仕上げ。結果的に5着とまずまずだったが、多くの馬が不利を受ける中で順調に走っての結果。不利を受けながら2着に盛り返したヴィブロスの内容とは、大きな差があった。

【徹底考察】エリザベス女王杯(G1) パールコード「圧倒的な実績を残す3歳馬。パールコードにも女王の『資格』あり」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々