NEW

マリアライト、タッチングスピーチに危険信号? 競馬評論家・鈴木和幸のエリザベス女王杯追い切り診断を公開!

【この記事のキーワード】, ,
suzuki.jpg

7週連続で追い切り診断を公開

 競馬評論家の鈴木和幸です。今週から秋競馬も後半戦に突入。まずは秋の女王決定戦エリザベス女王杯(G1)が行われます。少々小粒なメンバーとなりましたがそれでもやはりG1レース。非常に見応えのあるレースになりそう。このエリザベス女王杯を皮切りに有馬記念まで毎週追い切り診断を公開する予定ですので、ぜひ参考にしてください。それではエリザベス女王杯注目馬10頭の追い切り診断を公開しましょう。

第41回エリザベス女王杯(GI)注目馬10頭の最終追い切り診断

 条件戦2連勝のあと、前走のG2府中牝馬ステークスでも4着と健闘した「アスカビレン」。この中間も、坂路52秒2-37秒7など2本の時計を出してすこぶる順調だ。今週も坂路に入り単走、馬なりで52秒9-38秒0-12秒5が出たくらいだから、55秒2-40秒4-12秒88とどまった前走とはデキが違う。動きの力強さからも絶好調は間違いない。

 4ヶ月ぶりの府中牝馬ステークスで重賞3勝め、力のあるところを見せた「クイーンズリング」。当時、体重が休み明けなのに体重が4kg減っていたのが気がかりだったが、坂路2本に続いて先週は古馬の準オープン馬とウッドで併せ馬。この時点で疲れうんぬんの不安は解消され、それどころか、6F81秒1-37秒6の好時計馬なり先着は、ピークにまで上りつめた印象。今週はもう強く追う必要なし、馬なりに終始したがそれでも53秒9-38秒8-12秒4の時計となり、柔らかさ満点の弾むような動き、しびれるような手応えに100パーセント好感。これ以上は望めまい。

「シャルール」は、前々走のクイーンステークス2着が買われて前走の府中牝馬ステークスは4番人気にまで推されたが、結果は10着どまり、一秒以上も離されてしまった。中間は坂路3本で順調、今週も上がり中心ながら併走先着しラスト1F12秒0をマークしたが、数字ほどの切れはなし、変わり身は感じられなかった。

マリアライト、タッチングスピーチに危険信号? 競馬評論家・鈴木和幸のエリザベス女王杯追い切り診断を公開!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声