NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(18)クリスマス。北斗の拳。電気屋の巨大画面で黄色い雑魚をぶっ飛ばした青春。

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ashino.jpg

 筆者は大学を休学してアルバイトをしていた。

 電気屋の店頭での回線営業である。ブロードバンドルーターを配って名前を書いてもらう感じだった。時給がかなり高かったし、また、中学時代からの友人と2人でやってたので自由も効いた。2人で交代にタバコ休憩をとったりゲーセンに行ってバーチャファイターやったりしてたので、実労働時間はかなり短かった。その労働の最中もまたほとんど遊んでるようなものだったので、実際の所なにもしていないのと同義である。ただ街の中で突っ立って、パチスロ雑誌を読んだりナンパしたり笑ったりしていただけだ。

 当時筆者たちが軒先を借りていた電気屋には色々な人がいた。

 我々のように回線などの営業を行う為に来てた人もいるし、また、メーカーからのヘルパーもいる。もちろん電気屋本体の社員さんも居るので、小さい店ながら30人くらいは人が居たのではないだろうか。

 中でも、電気屋本体の社員の「Wさん」と「Nさん」という人が尖っていて、筆者は彼らの事が未だに忘れられない。2人はスロッターであった。しかもかなりヌルいタイプの──もっと言えばとある限定した機種しか打たない……要するに、北斗世代の、北斗限定の、北斗ファンのスロッターだったのである。

 Wさん──彼はフロア主任のような立場の男だったが、ある時彼がスーツで出勤してきた。外商か研修か何かスーツを着てこなければならない用事でもあるのだろうと思ったが、実際は違った。そのスーツ姿を筆者に見せる事、それ自体が目的であった。軒先でルーターを配っていると、Wさんに呼ばれた。なんですか。あらスーツですね。どうしたんですか。尋ねる筆者に、Wさんは意味深な微笑みを向け、ジャケットの胸元をちらりと開いた。

ぼくらはあの頃、アツかった(18)クリスマス。北斗の拳。電気屋の巨大画面で黄色い雑魚をぶっ飛ばした青春。のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!