NEW

歴史的名牝ブエナビスタの娘コロナシオンが、あの「殿堂馬」が足掛かりにした出世レースで連勝に挑む!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
buena.jpgコロナシオンの母ブエナビスタ(JBISサーチ公式サイトより)

 母ブエナビスタを彷彿とさせるような圧巻の後方一気を決めたコロナシオン(牝2歳、栗東・池添学厩舎)が、13日に京都競馬場で行われる黄菊賞(500万下)でデビュー2戦目に挑む。

 母は阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制して2008年の最優秀2歳牝馬に輝くと、翌年も桜花賞(G1)とオークス(G1)の2冠を制して最優秀3歳牝馬の座に。さらに圧倒的だったのが古馬になってからでヴィクトリマイル(G1)だけでなく、天皇賞・秋(G1)やジャパンC(G1)も制して、2010年には年度代表馬に選出されている。

 そんな歴史的名牝に、日本を代表する種牡馬の一頭となるキングカメハメハが配合された最高峰の超良血馬となるコロナシオン。10月16日に迎えたデビュー戦は、その大きすぎる期待を”希望”に変えるのに十分な内容だった。

 母のデビュー戦と同じように京都の芝1800mで行なわれた新馬戦。ブエナビスタはデビュー戦で翌年の皐月賞馬アンライバルドや菊花賞馬スリーロールス、ダービー2着馬リーチザクラウンなどと激突する”奇跡”にも見舞われ3着に敗れたが、その娘は順当なスタートを切った。

 スタートは幼い頃の母ほどではないが、決して速くはなかった。実はここに至るまで、何度もゲート試験に失敗していたコロナシオン。初めてのレースということもあって、鞍上のC.ルメール騎手が促さないと加速しない幼さも見せていた。

歴史的名牝ブエナビスタの娘コロナシオンが、あの「殿堂馬」が足掛かりにした出世レースで連勝に挑む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!