NEW

いざ、頂上決戦へ!武蔵野S(G3)は伏兵タガノトネールがレコードで快勝!「屈辱の乗り替わり」から這い上がった田辺裕信騎手がリベンジに向けて虎視眈々

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba0609.jpg

「レコードを出したのは立派。次も楽しみです」

 やはりこの馬を、そして「この男」を楽に行かせると危険なことが改めて証明された。

 12日に東京競馬場で行われた武蔵野S(G3)。1着馬に12月のチャンピオンズC(G1)への優先出走権が与えられる前哨戦は、単勝8番人気のタガノトネールが2番手からの押切り勝ち。昨年2着の雪辱を1:33.8のレコード勝ちで晴らした。

 注目を集めたのは今年のフェブラリーS(G1)の勝ち馬モーニン。59㎏を背負っているとはいえ、東京ダート1600mはフェブラリーSと同じ舞台なだけに単勝2.5倍の1番人気に推された。

 続くのが3歳馬のゴールドドリーム。こちらも東京ダート1600mのユニコーンS(G3)を勝つなど実績も適性も十分な存在だった。

 天候は回復していたものの重馬場の中で行なわれたレースは、好スタートを切ったタガノトネールを制してドリームキラリがハナを切る展開。2番手にタガノトネール、3番手にR.ムーア騎手で3番人気だったノボバカラが続いた。

 1000mの通過は58.3秒とダートとは思えない速い時計。ただ、この日の東京のダートはとにかく速かった。2歳500万下のオキザリス賞の1000mの通過も58.6秒。こちらはさすがに、最後はバタバタになっているが、それでも1:23.9の好タイムで決着している。

いざ、頂上決戦へ!武蔵野S(G3)は伏兵タガノトネールがレコードで快勝!「屈辱の乗り替わり」から這い上がった田辺裕信騎手がリベンジに向けて虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!