NEW

「サトノダイヤモンドより高い馬」も「ブエナビスタの仔」も惨敗……切ない風が吹いた11月中旬の2歳戦

【この記事のキーワード】, ,
satonodaiyamododa-bi-.jpgサトノダイヤモンドは間違いなく強いが……(競馬つらつらより)

 13日の京都8R・黄菊賞。かつてあの名牝ウオッカも参戦した出世レースだが、今年は単勝1.4倍とダントツ人気で、ブエナビスタの仔コロナシオン(牝2 栗東・池添厩舎)が主役を務めた。

 ところが、結果は1着馬に7馬身近く離された4着(5頭立て)とまさかの惨敗。逃げたタガノアシュラ(牡2 栗東・五十嵐厩舎)の作り出したスローペースは見事だったが、追走にすら苦労していた様子。スローペースの最後方でついていくことすらままならない姿には、さすがに落胆させられてしまった。

 G1競走6勝のブエナビスタとトップクラスサイアーであるキングカメハメハの仔として、生まれた瞬間から大きな期待を背負っていたコロナシオンだが、今後に暗雲立ち込める内容となってしまった。次走での巻き返しがあるのか、今後も注視が必要だろう。

「ガッカリ」という点では、12日の東京5R新馬でデビューしたサトノヴィクトリー(牡2 美浦・堀厩舎)も同じくか。

 このサトノヴィクトリー、2015年セレクトセールで2億5380万円という超高額で落札されたことで有名。昨年の弥生賞や今年の京都記念を制したサトノクラウンの全弟でもあり、セール金額だけなら今年の菊花賞馬サトノダイヤモンド(2億4150万円)よりも高いのだ。

 そんなサトノヴィクトリー、1.8倍の1番人気で迎えたデビュー戦では、意気揚々と3番手の好位につけ、順調な滑り出しを見せたように思えた。

「サトノダイヤモンドより高い馬」も「ブエナビスタの仔」も惨敗……切ない風が吹いた11月中旬の2歳戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声