NEW

【徹底考察】マイルCS(G1) サトノアラジン「ついに来たキャリア最大のチャンス!ただし、戴冠には『あの馬』のアシストが欲しい」

【この記事のキーワード】, ,
satonoarajin.jpgサトノアラジン(JBISサーチ公式サイトより)

『考察』

 エリザベス女王杯(G1)の勝ち馬となるラキシスの全弟として、幼少の頃から「大器」と評されてきたサトノアラジンだが、ようやくG1戴冠の最大のチャンスが巡ってきたのかもしれない。

 昨年のマイルCS(G1)、今年の安田記念(G1)と共に4着で、あと一歩足りない競馬が続いているが、その2戦で共に先着を許したモーリスが不在、さらにはフィエロも前走のスワンS(G2)で大敗するなど、一時の勢いはない。今やサトノ軍団は「G1を勝てる」集団。順当に行けば、そろそろ”順番”が回ってきてもおかしくはないだろう。

 前走のスワンSは、まさにこの馬の充実度を示すような圧巻の競馬だった。

 ゲートが開いた直後に1番人気のフィエロが躓くという波乱のスタート。サトノアラジンもダッシュがつかず、後方に置かれている。エイシンスパルタンが引っ張る流れは最初の600mが34.4秒。昨年よりも0.2秒速く、ここ5年では最も速いタイトなペースだ。

 道中、隊列的には中団やや後ろというほぼ同じような位置取りで並走していたフィエロとサトノアラジンだったが、対照的だったのは4コーナー以降の動きだった。

 内を進んだ分、外に出せずに馬群に突っ込んだフィエロと、4コーナーで大きく振られながらも大外に持ち出したサトノアラジン。通った進路の違いから、直線入り口ではフィエロが2馬身ほど前にいたが、大外から存分に末脚を発揮したサトノアラジンのキレは極上だった。

【徹底考察】マイルCS(G1) サトノアラジン「ついに来たキャリア最大のチャンス!ただし、戴冠には『あの馬』のアシストが欲しい」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点