NEW

戸崎VSルメールによる熾烈なリーディングジョッキー争い。エージェントも絡む「最強タッグ戦」の鍵を握るのはやはり社台グループか。

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
rume-ru0223xs.jpgC.ルメール騎手(Cake6より)

 2016年JRA最終開催まで残り6週間となり、現在は7週連続G1レースの真っ直中にある。その中で多くのファンから注目を集めているのがリーディングジョッキー争いだ。現在その争いは美浦(関東)所属の1位戸崎圭太騎手161勝、そして栗東(関西)所属の2位クリストフ・ルメール騎手158勝に絞られており、3位のデムーロとは33勝差と大きな差がある。東西対決というシンプルな図式でもあり、非常に見応えのある状況だ。

 一時は20勝以上の差を付けて首位を独走していた戸崎騎手だったが、数週間でルメールが猛追し、先週の土曜には遂に同じ勝利数に並ぶ活躍を見せた。

 その後日曜に3勝をあげた戸崎騎手が現在リードしているが、成績は年末の香港遠征や騎乗馬に左右されるわけで、最後の最後までわからない状況が続くだろう。

 もちろんレースに出れば騎手の能力が勝敗を左右させるが、競馬においてはレースに乗る以前により勝てるチャンスが高い質の高い馬を確保することが重要だ。競馬は「馬8:人2」といわれるように、勝敗において馬の能力の比重が圧倒的に高い。そして、より勝てそうな実力のある馬を確保するのがエージェントと呼ばれる「騎乗依頼仲介者」の仕事である。

戸崎VSルメールによる熾烈なリーディングジョッキー争い。エージェントも絡む「最強タッグ戦」の鍵を握るのはやはり社台グループか。のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!