NEW

フジテレビ「SMAP作品一挙垂れ流し」に批判殺到!? 数字欲しさの「再放送」も、ダダすべりは避けられない?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cm0305.jpg

 年末の解散に向けて、カウントダウンが始まっているSMAP。そんな最中、フジテレビがSMAPのCDデビュー25周年を記念し、メンバーたちが主演を務めた名作ドラマを「SMAPグラフィティ」と題し、再放送することを発表した。

 11月19日(土)、香取慎吾が主演を務めたスペシャルドラマ『一千兆円の身代金』を皮切りに、その後、『新ナニワ金融道』(主演:中居正広)、『金田一耕助「八つ墓村」』(主演:稲垣吾郎)、『僕が僕であるために』(主演:SMAP)、『古畑任三郎 VS SMAP』(主演:SMAP)、『世にも奇妙な物語SMAPの特別編』(主演:SMAP)などが毎週土曜日に放送予定。また平日午後に連続ドラマ『HERO』(主演:木村拓哉)、『僕と彼女と彼女の生きる道』(主演:草なぎ剛)が放送され、12月10日(土)の夜には劇場版『HERO』が放映されるという。

 ラインナップの中には、今まで再放送されていなかったドラマもあり、この機会に永久保存したいと思うファンもいるだろうが、ネット上では「こういう商法大嫌い」「終焉ムードを率先して演出しているだけ」など、まるでSMAP解散にかこつけた便乗商法のようなフジテレビの手法に批判の声も上がっている。

「CDデビュー25周年の記念と銘打っているため、もともと企画されていたものなのかもしれませんが、SMAPの解散が決定的な状況になっている中での放送になってしまったため、疑いの目で見られてもしょうがないですよ。

フジテレビ「SMAP作品一挙垂れ流し」に批判殺到!? 数字欲しさの「再放送」も、ダダすべりは避けられない?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!