NEW

疑惑拭えぬ『レコ大』で一人だけ浮いた宇多田ヒカル……主催者側の「頼みの綱」か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
utadahikaru.jpg『Fantome』(Universal Music)

 12月30日に『輝け!日本レコード大賞』(TBS系)が放送されることが発表され、それと同時に各賞受賞者および楽曲が発表された。

 毎年、先に発表される「優秀作品賞」の中から、大賞が選出されるが、今回は「週刊文春」(文藝春秋)で買収疑惑が報じられたLDH関連のアーティストの受賞はなく、注目されていた三代目 J Soul Brothersの三連覇はなくなっている。

「記事では物的証拠まで掲載されていたため、優秀賞に選出されても、されなくとも批判が出ることは間違いないといわれており、その動向は注目されていました。今年は、LDHが社運をかけた一大プロジェクトである映画『HiGH &LOW THE MOVIE』も公開され、世界戦略を打ち出すなど会社的にも大きな節目となる年。

さらに、EXILE TRIBEの価値を高めるための締めくくりとして、レコ大受賞も視野に入れていたはずです。今回選出されなかったのは、大衆の目を逸らしたいという思惑のもと、上層部が出ないという結論を下したのだとも考えられますよ」(芸能記者)

疑惑拭えぬ『レコ大』で一人だけ浮いた宇多田ヒカル……主催者側の「頼みの綱」かのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!