NEW

大混戦に「京都マイルの鬼」の血が騒ぐ!「サトノはサトノでも、サトノルパン」 先週のC.ルメール騎手に続き、今週はM.デムーロ騎手が大穴演出!?

【この記事のキーワード】, ,
nakayamakeiba.jpg

 まるで、重戦車のような迫力満点の動きだった。

 マイルCS(G1)に向けた16日の最終追い切り、栗東のCウッドでサトノルパン(牡5歳、栗東・村山明厩舎)の馬体が大きく躍動した。

 日頃からボクシングジムに通い、騎手の中でも並みはずれた腕力を誇るM.デムーロ騎手でさえ抑えが利かず「すごい引っ掛かったね」と白旗を上げるほどの”暴走ぶり”だったが、よほど体調が良くなければ、これだけのパワーは出せないはずだ。

 京阪杯(G3)でビッグアーサーを破ったことで、すっかりスプリンターとして認識されているサトノルパンだが、約1年半ぶりのマイル参戦とあって、現在(金曜夜時点)11番人気。完全に”お客さん”の扱いである。

 しかし、このマイルCSはG1の中でも特に混戦になりやすく「荒れるレース」としても有名だ。

 1番人気は現在6連敗中。2番人気に至っては、過去32回で3勝と約10年に1度しか勝っていない状況に対して、10番人気以下の大穴が「2番人気を上回る4勝」を上げているレースだ。

 まず「大穴に腕利きの外国人騎手が騎乗している」という点において、先週のエリザベス女王杯(G1)で、12番人気ながら2着に激走したシングウィズジョイを思い出した人もいるのではないか。

大混戦に「京都マイルの鬼」の血が騒ぐ!「サトノはサトノでも、サトノルパン」 先週のC.ルメール騎手に続き、今週はM.デムーロ騎手が大穴演出!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?