NEW

たった「1個」の玉が5分で「4000発」になる! 時代の需要にマッチした「現代版1発台」がファンの間で話題沸騰中!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「液晶」も「派手なギミック」も「ラウンド振り分け」もなし。筐体上部の「IN」を狙い「V入賞」の権利を目指して「4500発」の獲得を目指すのみ。

 80年代の大ブームとなった「1発台」を彷彿とさせる『CR天下一閃4500』が、今ホールで熱い視線を浴びている。

tenkaissen.jpg「Daiichi HPより」

■ラウンド16R(実質15R)
■カウント10C
■時短回数0or99回
■賞球数1&3&9&15
■出玉4500発(2250発×2)

 ゲーム性は「1個の玉をVゾーンへ入れるだけ」という単純明快なもの

 過去の名機を思い出させる入賞口から飛び込んだ玉は、1/3の確率でクルーンに流れていく回転体へ到達。クルーンの穴は1つしかない為、クリアすれば必ず下へ落ちる。

 回転体をクリアしたら最後の難関である下段役物へ。その中央には高速回転する突起があり、玉はピンボールのように弾かれ予測不能の動きを展開する。すぐにステージから玉が落ちてしまう事もあれば1秒で決着する事もある。1分~2分に亘って溜まっている事も珍しくはない。

たった「1個」の玉が5分で「4000発」になる! 時代の需要にマッチした「現代版1発台」がファンの間で話題沸騰中!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!