NEW

「迷惑をかけて申し訳ない」マイルCS(G1)はミッキーアイルが乾坤一擲の逃げ切り!稀代の逃亡者が約2年半ぶりの美酒に酔うも浜中俊騎手は騎乗停止

【この記事のキーワード】, ,

 そして何よりも、ここはG1の舞台である。後続が徐々に差を詰め、中でも外から伸びてきたイスラボニータの脚色は突き抜けそうなほどの手応えだった。内から抜けてきたサトノアラジンも、先頭を走る2頭に猛然と襲い掛かろうとしている。

 しかし、残り200mを切った辺りでレースは限界を超えたサバイバルの様相を呈してくる。

 突き抜けそうだったイスラボニータが、脚色を鈍らせながらも必死に前を捉えようとするが、限界を迎えて先頭争いから脱落したネオリアリズムを交わすのが精一杯。

 先頭のミッキーアイルが乾坤一擲の粘りを発揮して、先頭でゴールに飛び込んだ。

 思い返せば、今回で19戦目となる5歳馬ミッキーアイルは、自分にとっての「ベスト」を求めて常に試行錯誤してきた馬である。

 この馬が「自分探しの旅」に出るきっかけとなったのは、NHKマイルC(G1)を含む5連勝で挑んだ2014年の安田記念(G1)、そして前哨戦のスワンS(G2)を勝って挑んだ同年のマイルCS(G1)で、ともに大敗を喫したことだ。

「迷惑をかけて申し訳ない」マイルCS(G1)はミッキーアイルが乾坤一擲の逃げ切り!稀代の逃亡者が約2年半ぶりの美酒に酔うも浜中俊騎手は騎乗停止のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々