NEW

ジャパンカップ、10万人が大熱狂 世界の強豪相手に日本馬11連勝?賞金3億円の行方は?

【この記事のキーワード】, ,
saatutaba-.jpg冬の特別ボーナスを狙え!

今週は賞金3億円の大一番

 サッカー日本代表は2018FIFAワールドカップの最終予選突破へ佳境を迎え、野球日本代表(通称:侍JAPAN)はメキシコ、オランダとの強化試合に臨み、大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ)、鈴木誠也(広島東洋カープ)などの活躍が話題となった。

 ただ、11月11日に行われたサッカー・キリンチャレンジカップ2016のオマーン戦は、代表戦としては少々寂しい3万3709人の来場者数にとどまり、侍JAPANの強化試合もワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が来年3月に控えているにもかかわらず空席が目立ち、今ひとつ盛り上がりに欠けた印象だ。

 そんななか、11月27日には東京競馬場で競馬界最大の国際レースである第36回ジャパンカップ(G1)が行われる。1着賞金はなんと3億円(馬主は2億4000万円・騎手は1500万円が取り分)という国内最高賞金のレースであり、過去にシンボリルドルフ、トウカイテイオー、ディープインパクト、ジェンティルドンナ、ウオッカといった日本を代表する名馬が勝利してきたレースだ。

 世界の強豪が集結するレースだが、地の利もあってか現在日本馬が10連勝中。昨年は10万人を超える競馬ファンが来場し、馬券の売り上げも191億円を記録と、まさに日本スポーツ界でもトップクラスのイベントだ。

 今年はフランスのG1馬イラプト、ドイツのG1馬イキートスとナイトフラワーが来日し、北島三郎の愛馬キタサンブラック、有馬記念馬ゴールドアクター、皐月賞馬ディーマジェスティといった日本代表馬と激突する。フランスの凱旋門賞で日本代表マカヒキは無念の敗退となったが、このジャパンカップでは日本馬の活躍を期待したいところだ。

 ジャパンカップは有馬記念や日本ダービーに次ぐビッグレース。これから1週間はテレビもスポーツ紙もSNSもジャパンカップの話題で盛り上がるだろう。

 もしあなたがこれまで競馬を生で観戦したことがないのなら、この週末は東京競馬場でぜひこの大一番を楽しんでもらいたい。10万人の大歓声、そして大興奮のゴール前、絶対に競馬の虜になるはずだ。そして、観戦するなら馬券の購入もオススメしたい。

ジャパンカップ、10万人が大熱狂 世界の強豪相手に日本馬11連勝?賞金3億円の行方は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  4. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  9. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  10. JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊