NEW

今度は千葉大医学部生が「集団暴行事件」 以前から千葉大を襲う「風評被害」の原因と、「最悪のタイミング」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 早稲田大学の暴行サークル「スーパーフリー」が象徴的だったが、慶応義塾や東大、千葉大でもこうした事件が頻発するあたり、もはや社会的な病理にも思えてくる。「昔はよくあった」などと得意げに語る中年もたまに見かけるが、こういう大人が育てた子どもということか。

 また、今回事件が起こった千葉大学は以前より「事件が多い」という風評被害が出回っていたことでも知られている。

「今年3月には、当時千葉大工学部に在学中だった寺内樺風容疑者が、女子中学生を2年間監禁していたことが発覚して逮捕され、世間に大きな衝撃を与えました。

 2007年には英会話学校講師リンゼイ・アン・ホーカーさんが殺害され、犯人である市橋達也が2年以上逃走したことはよく知られていますが、彼も千葉大卒。古くは千葉大女医殺人事件で、犯人の夫は千葉大学の医局員でした。

今度は千葉大医学部生が「集団暴行事件」 以前から千葉大を襲う「風評被害」の原因と、「最悪のタイミング」のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!