NEW

「武豊ウィークのスタートです」武豊騎手が巻き返しを宣言!有言実行の重賞4連勝へ、まずは浦和記念(G2)で「大記録達成」の圧勝劇!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takeyutaka0904.jpg

 この秋、どこか精彩を欠いている天才騎手が”悪い流れ”を振り払うために、高らかと「反撃」を誓った。

 22日、JRAの武豊騎手が『週刊大衆』(双葉社)で連載している自身のコラムを更新。「この秋、一つくらいは……と密かに燃えていたG1レースで、まだ爪痕さえ残すことができないまま」と秋G1で結果が出ていない悔しさを露わにしている。

 確かに「これぞ、天才・武豊」と呼び声高かった今春の大活躍に比べると、この秋は一息。

 アウォーディーでJBCクラシックを勝利したものの、今秋のG1制覇はそれだけ。スプリンターズSを皮切りに開幕した秋のG1戦線でも、気を吐いたのはエアスピネルの菊花賞3着だけで、大きな期待が集まったエイシンヒカリの天皇賞・秋では12着に大敗している。

 挙句の果てに先週のマイルCS(G1)では、抜群の手応えで迎えた勝負所で落馬寸前の不利。本人が「転倒しなくて良かったよ」と述べたように、大きな事故に繋がらなかったのは何よりだが、結果の求められるG1で”踏んだり蹴ったり”の状況が続いている。

 対して、この春はキタサンブラックで天皇賞(G1)を勝ち、フランスのイスパーン賞(G1)をエイシンヒカリで歴史的な圧勝劇を演じると、コパノリッキーでかしわ記念(G1)と帝王賞(G1)を制覇。

「武豊ウィークのスタートです」武豊騎手が巻き返しを宣言!有言実行の重賞4連勝へ、まずは浦和記念(G2)で「大記録達成」の圧勝劇!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!