NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(20)小役カウンターの悲劇。初代エヴァンゲリオンのシマで見られたボーナスとベル率のドラマ。

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ashino.jpg

 ビスティが生み出した『パチスロ新世紀エヴァンゲリオン』。五号機の到来を戦々恐々とした気持ちで見守るスロッターの前に現れた最初の使徒である。

 賛否の両論が渦巻く台であったが、それは取りも直さず打ち手による『五号機そのものの評価』であって、誤解を恐れずいうならば、リアルタイムでの感想はあまり芳しく無かった。筆者も単純に「出玉管理のボーナスが気持ち悪い」とか「チェリーが右リールにあるのが何か嫌」のような、あくまでも四号機の視点に立った上でかの台を評価していたように思う。のちに再評価が進み、五号機最初期の台としての役割は及第点どころかこれ以上ないほど果たしていたと広く認知されているのはご存知の通りであるが、兎にも角にも、当時は四号機を懐かしむ声があまりにも大きかったため、一種の不遇台の扱いを受けていた感は否めない。

 あれは『エヴァ』が導入されてからしばらく経った頃である。

 筆者の友人にN君という男が居た。イケメンである。2つほど年下だったので、当時まだ23歳とかその辺だろうか。大学を卒業したばかりで、介護の仕事をしていた。ホールでたまに出くわす筆者に良い具合に懐いてくれており、筆者もどうせ連るむならイケメンが良いので仲良くしていた。そんなN君だが、彼は導入当日から『エヴァ』を絶賛していた。パチスロを打ち始めてからの日が浅い分、五号機に感じる違和感もまた浅かったようである。

 筆者はまだホールに残されていた四号機たちを愛でるのに必死で、ホールが勢い込んで2シマも導入した『エヴァ』を盛り上げる為に時折開催していたシマ限定イベントの日を除いては、そこに立ち入ることもなかった。

 ある日の事、バイトが休みの日に筆者はホールへと向かった。入店し、さて何を打とうか……と周りを見渡すと、N君の姿があった。『エヴァ』である。

「今日もエヴァってるね」
「はい。エヴァってます」
「終わったら晩飯行こうか」
「はい。わかりました」

ぼくらはあの頃、アツかった(20)小役カウンターの悲劇。初代エヴァンゲリオンのシマで見られたボーナスとベル率のドラマ。のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!