NEW

老人ホームで大フィーバー!「高齢者の救世主」として期待されるパチンコが秘めた可能性とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoya.jpg

 借金による経済的破綻・家庭崩壊、幼児の車内放置事故といった悲惨なニュースが報じられてきた事もあり、パチンコと聞いて「ギャンブル依存症=病気」といったイメージを持つ方も多いであろう。

 しかし、そんなパチンコが「高齢者の認知症予防」が見込める存在として密かに注目を集めている。

 先日、鳥栖遊技場組合がみやき町の養護老人ホーム『南花園』へパチンコ台5基を贈呈したと報じられた。同組合は社会貢献の一環で、清掃活動や児童福祉施設へのお菓子の贈呈などに取り組んでいるが、老人ホームへのパチンコ台寄贈は初めてとの事。

 無料で楽しめる事もあって反響は上々。「楽しい」「頭の体操になる」と入居者にとって良い気晴らしになっているようで、連日行列を作っているようだ。同組合も「今後も協力していきたい」と効果を実感している様子。

 確かに演出や音楽によって視覚や聴覚が刺激されるように、様々な感覚を刺激するパチンコは「高齢者の認知症予防」が見込めるのかもしれない。大当たりに歓喜する事や、そこまでの過程に達成感を覚える「感情的な刺激」も効果は大きいであろう。

 実際に高齢者向けの機能トレーニングの要素を付加した「福祉向け専用パチンコ」を、購入・レンタルして設置している老人ホームやデイサービスも多数存在している。パチンコが福祉・介護の現場へ、活気をもたらしている事は紛れもない事実なのだ。

老人ホームで大フィーバー!「高齢者の救世主」として期待されるパチンコが秘めた可能性とは?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!